紅芯大根(コウシンダイコン)

おうちごはん

※スマホで読みにくい時は、リロードしてもらうといいですよ。

紅芯大根

またまた依田ファームさんから珍しい野菜を入手しました。
今回は紅芯大根(コウシンダイコン)。

丸い形がかわいいですよね。
輪切りにしたら見事な紅色です。

もっとよくこの大根を知りたくて調べてみました。
旬の食材百科

・中国からやってきた野菜
・中国では「心里美(シンリメイ)」と呼ばれ、祝い事の時に使うことが多い
・酢に浸すと赤くなる
・生食向きの大根
だそうです。

甘酢漬けに

せっかくの綺麗な紅色です。「甘酢漬けにして〜!」と言ってるようなものですね。どう切れば美味しくなるか分からないので、厚みを変えて色々と切ってみました。3個で800g弱あります。

今回は明石家さんまさんがCMをしている「だしのきいたまろやかなお酢(株式会社創味食品/京都)」だけを使って漬けてみました。


持っている密閉容器に紅芯大根3つがちょうど入りました。厚さが違うのはどの厚みが一番美味しいのかを知るためです。

1日経ちました

出来上がりました。汁まで真っ赤に染まりなかなかいい色です。

少し減ってますが、これは昨夜浅漬かりの時にパクパク味見をしたせいです(笑)パリパリとした食感に、爽やかな大根の香りもあり、いっぱい漬けておいてお正月に大放出しても喜ばれる野菜だと思いました。

依田ファームさん
いつもありがとうございます。
facebookをほぼ毎日更新されていますので、フォローしてみてはいかがでしょうか?
https://www.facebook.com/yodafarm/

この記事を書いた人の著書

『ねこ背を治す教科書』(伊東稔/ソーテック社)

The following two tabs change content below.

伊東 稔

伊東稔/Minoru ITO 骨盤矯正と姿勢改善の専門家 カイロプラクティック伊東(長野市)院長 兼業主夫でもあり料理好き 『ねこ背を治す教科書』著者 http://amzn.to/2qB9VS2

コメント

タイトルとURLをコピーしました